会社概要

商号 有限会社 三照堂
取締役相談役 木村 忠資
代表取締役 木村 公昭
取締役 木村 禧代子
営業部長 須藤 誠

営業品目

印鑑 個人用実印・銀行印・認印・雅印(遊印)・公印
法人用代表者印、法人(会社)印、法人銀行印、法人営業印、団体印、実印、銀行印、認印、遊印(雅印)
事務用ゴム印 一般ゴム印、コンピュータ用コード印、住所印、スタンプ台不要連続押印「スタンパー」
耐油ゴム版 精密電機部品表示用、繊維製品表示用、コンクリート製品表示用スタンプ
フレキソ印刷用 ダンボール印刷ゴム印刷 樹脂版、フレキソ印刷用ゴム版 樹脂版
パッケージスタンプ ダンボール・発泡スチロール・プラスチック・木箱押印「スポンジ印」・連続押印「Eスタンパー」・「Gスタンパー」
事務用品 朱肉、スタンプ台、シャチハタ製品、サンビー製品
印刷 名刺、はがき、小物印刷、イベントカラーポスター、垂れ幕、横断幕、式次第、組合せ表、表彰状、シール(ラベル)、表札、名刺、カッティングシート、彫刻表札、盾置物、表示板、プレート、PR幕(バックシート)、床表示、自動車表示

店舗案内

201712_a

map_itiban2018

TEL 0172-32-3031
FAX 0172-38-1331
青森県弘前市一番町15番地
店舗となり駐車場11番

pic_ohmati1

map_ohmati1

(営 業 部・技 術 部)
TEL 0172-34-9111
FAX 0172-35-8854

青森県弘前市南大町2丁目2-3
店舗前駐車場2~3台あり

会社沿革

明治 27年 初代木村初太郎 弘前市本町5丁目で印判業開業
明治末頃 弘前市親方町32番地に移転
大正 5年 2代木村源三郎 家業を継ぐ
昭和 13年 9月 3代木村忠治 弘前市一番町角で三照堂印店開店
昭和 26年 4月 弘前市一番町15番地 現在地に移転
昭和 43年 7月 東北初、米国デュボン社感光性樹脂版製印機システム導入
昭和 45年 7月 東北印章業界初、モリサワ写植機導入
昭和 46年 8月 製印工場新築
昭和 53年 3月 旭化成製感光樹脂印機、
9月バンドー化学製スタンパー製印機システム導入
昭和 56年 8月 三菱製オフィスコンピュータ(M80-18)導入
昭和 59年 6月 大日本スクリーン製コンピュータ式製版カメラ導入
昭和 60年 7月 トヨタ製コンピュータ式75t 自動プレス機導入
昭和 61年 12月 旭化成製大型製版システム導入
平成 5年 3月 アップルコンピュータ製画像文字システム導入
平成 6年 10月 弘前市南大町2丁目2-3に営業部、技術部移転 12月大町店オープン
平成 8年 1月 有限会社へ移行 資本金800万円 偽造防止印鑑 「安心印鑑」開発
平成 9年 従来の製法によりゴミの量を3分の1以下に減らした
環境にやさしいゴム印「エコスタンプ」開発
平成10年 1月 赤ちゃん名付用三菱製パソコン2台導入
平成10年 3月 画像処理用マッキントッシュ製パソコン導入
平成10年 5月 画像処理用キャノン製カラーコピー導入
平成10年 9月 画像処理用マッキントッシュ製パソコン導入
平成10年 10月 マイプリント製プリンターZ印刷機導入
平成 11年 2月 大日本スクリーン製イメージセッター導入
平成 11年 4月 画像処理用マッキントッシュ製パソコン導入
平成 11年 5月 HP性カラーフロッター導入 旭化成ゴム印洗浄機導入
平成 12年 2月 発泡スチロール・ダンボール・木・プラスチック・金属・コンクリート・ガラス等へ連続押印スタンプ[Eスタンパー」開発
平成 16年 石川県工業試験場・金沢大学・金沢工業大学文書偽造防止技術応用「安心印鑑」「安心スタンプ」開発
平成 17年 日立製作所開発ICタグ「ミューチップ」埋込
偽造不正防止印鑑「IC印鑑」「ICスタンプ」開発中
平成 18年 旭化成製「エコスタンプ」製印機導入
平成 20年 HP大判カラープリンター、
ムトー大判カラープリンター、
ミマキカッティングマシン導入
平成 22年 キャノンカラープリンター導入